社印、印鑑、ゴム印、浸透印の
株式会社アライ

  • お問合せ
  • オーダーシートはこちら
株式会社アライ
 
2018/07/31
「印鑑のすゝめ」更新いたしました
「印章の起源Ⅴ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.3)」の記事を公開いたしました。
2018/07/11
夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら弊社では、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。
ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

8月11日(土)~ 8月15日(水)

2018/07/02
「印鑑のすゝめ」更新いたしました
「印章の起源Ⅳ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.2)」の記事を公開いたしました。

大正11年創業のアライ

  • 社印業界で培った長年の実績
    大正11年創業から、企業で使用される社印や日付印などを中心に、さまざまな印鑑を提供しております。
  • コスト相談にも柔軟に対応
    当社の手がける印鑑は、大手銀行からコンビニエンスストア、各企業様など幅広く、お客様のニーズに合わせたご提案をいたします。
  • お客様を大切にする力
    「安心」「信頼」「創造」の理念をもとに、これからもお客様と共に当社は成長を続けてまいります。

印鑑等・取扱製品

印章・ゴム印などの各種印鑑、他にもスタンプ台がなくても捺印できる浸透印、
セルフインカーなど、さまざまなタイプの印鑑をご紹介いたします。
  • 印章
    印章
    実印や認印、会社設立用の印鑑(社印、代表者印、銀行印など)をお作りいたします。素材、書体がお選びいただけます。
  • ネーム印
    ネーム印
    シヤチハタ、サンビー、ジョインティ等のネーム印を扱っています。キャップレスタイプなども作成可能です。
  • データ印
    データ印
    担当者印、受付印、領収印等に使用するデート印等ご紹介いたします。
  • 住所印
    住所印
    領収書、契約書類、郵送書類、販促リーフレット等さまざまな書類に捺印するスタンプ類を揃えております。
  • 回転印
    回転印
    ダイヤルを回して、日付や価格などの数字や記号を自在に変えられる回転印です。
  • カタログ一覧
オーダーメイドのご対応
カタログに掲載のない印鑑(スタンプ)に関しても、お客様のニーズやご要望にあわせてオリジナル商品のオーダーメイドが可能です。
よくある質問
こちらはよくある質問をご紹介いたします。

印鑑のすすめ

  • 印章の起源Ⅴ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.3)
    印章の起源Ⅴ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.3)
    印章の使用は第一次大戦後に少なくなり、現在ではほとんど用いられなくなりました。 それは郵便制度が発達し、糊つきの封筒により信書の秘密性を十分に保てるようになったことや、教育の普及により識字率が上がったことによると考えられています。 ヨーロッパで自筆によるサインが用いられるようになったのは、ルネサンス時代(15世紀頃)からといわれています。署名を表す「sign」の語源は印章を意味するラテン語の「si...
  • 印章の起源Ⅳ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.2)
    印章の起源Ⅳ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.2)
    ローマ帝国崩壊後、印章を使う習慣は一時途絶えます。 11世紀末、カトリック教会諸国によって、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還する目的で派遣された十字軍の兵士たちは、東ローマ帝国時代の寺院から、彫刻の施された貴石を略奪し本国に持ち帰りました。これらの貴石は始め、指輪・ペンダントなど装身具として使用され、印章としては使用されませんでしたが、その後の中世ヨーロッパにおいて王侯貴族がそれらの貴石を指...
  • 印章の起源Ⅲ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.1)
    印章の起源Ⅲ(ヨーロッパにおける印章の歴史 NO.1)
    ギリシャで印章が盛んに使用されたのは、パルテノン神殿に代表されるギリシャ古典文化の黄金時代、ペリクレス執政期(B.C.443~B.C.429)アテネの全盛期とも言える時代です。 この頃から、いろいろな種類の珍しい貴石をはめ込んだ指輪型印章が現れました。 印章の用途は、鍵の代わりとしての封印で、ギリシャ劇の作品の中にも印章が封印として使用されている場面が出てきます。 ローマ帝国時代は、ギリシャの影響...
発注システムについて

企業情報

各種印鑑からオーダーメイドまでお気軽にご相談くださいませ。