ゴム印
2019/08/29

組み合わせ印(親子印)とは

組み合わせ印とは、親子印と呼称されることもあり、付け足したり外したりと組み合わせて使うことができる便利なホルダー(台木)で作られたゴム印です。
主にセットで住所印として使われることが一般的ですが、分割して一行印のように氏名やアドレスのみでもご使用いただけます。
プライベートでのお手紙や、お仕事上では領収書に押印したり、また使用状況によって住所、電話番号やEメールアドレス、郵便番号などの部分を付け足したり外したりと、とても便利にご利用いただけます。

ただし最大メリットである分割してご使用できることによる注意点がございますので、以下の点にご注意ください。
1.特定のパーツのみご使用頻度が高いとそのパーツのみゴムが減り薄くなるため、使用頻度の低い他のパーツと高低差が生じてしまい、セットで使用するときれいに押印できなくなる。
2.最初にセットでお作りになられてから、ある一定のご使用期間が過ぎた後、1パーツのみ交換もしくは、新たに1パーツのみ付け足そうと考えられた場合、ゴムが薄くなっている古いパーツと新しいパーツとでゴムの厚みに高低差が出てしまいセットで使用した場合きれいに押印できなくなる。
3.特に一部パーツのみ交換する場合はご注意が必要です。ゴム部分の製造方法はメーカーによって様々なため、新品時でも厚みが異なる場合がございます。またゴム部分の素材(樹脂の場合もあります)もメーカーによって様々ですので、硬度や厚みも異なります。

これまで組み合わせ印は便利な反面こうしたゴム厚高低差問題が生じておりましたが、高さ調整可能な「アドレスマークⅡ」が登場して以来、懸念事項が大幅に解消されました。
弊社では、こちらの「アドレスマークⅡ」をお勧めしております。

「アドレスマークⅡ」は、ダイヤルにより-0.5mm⇔+0.5mmで最大1mmの高さ調整が可能となっております。

アドレスマークⅡ
アドレスマークⅡ